成人式トレンド情報

振袖トレンド

【辻が花とは?】振袖選びで気になる辻が花・辻ヶ花の意味や工程について

2021.10.26



こんにちは!栃木県小山市の「振袖あまのや」のなべちゃんです。
 

「辻が花」「辻ヶ花」

「つじがはな」と読む、この技法。「幻の染め」とも呼ばれています。ここでは知ってみると奥深い「辻が花」「辻ヶ花」について、その定義から工程までわかりやすくご紹介していきます。記事後半では「あまのや」の社長が「翠山 辻が花」の工房「翠山」に見学した時のお写真を使って辻が花の工程もご説明します。



【目次】
1. 定義 「辻が花」「辻ヶ花」とは?
2. 誕生 室町から安土桃山時代
3. 転生 昭和に蘇った「一竹 辻が花」
4. 工程 現代も手絞りで「翠山 辻が花」
5. 振袖 あまのやお取り扱いの「辻が花 振袖」


では参りましょう!

関連ページ
あまのやプレミアム振袖は
こちらからご覧ください.。*゚


———————————

1.「辻が花」「辻ヶ花」とは?


「辻が花」「辻ヶ花」とは、生地の一部を引き締め縮めて模様を作り出す、絞り染めの技法の一種。

辻が花が生まれたのは、今から約700年も昔の室町時代。安土桃山時代から江戸時代初期に、最盛期を迎えましたが、忽然とその姿を消してしまいます。その後時を経て、昭和37年(1962年)には、久保田一竹氏によって現代の染色技術を駆使した「一竹辻が花」として蘇りさせられ、今もその幻想的な美しさで見る人を惹きつけています。実はこの「辻が花」、「幻の染め」「幻の染物」と言われるほど、技法についての資料が少なく、その名の由来の定説がないことでも知られています。

ですが、気になる辻が花。資料を探し回って調べてみました!
 

出典:東京博物館 白練緯地花鳥模様辻が花染小袖
https://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0006204

出典:東京博物館 斜縞銀杏葉模様辻が花染胴服 
https://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0006780


「辻が花」

「河上繁樹氏の(京都書院美術双書―日本の染織2)」によると以下のように定義されています。


 “辻が花”は室町時代から桃山時代にかけて流行した文様染である。当時の記録には、辻が花という言葉が帷子(かたびら)と結びついてあらわれることが多い。例えば、慶長8年(1603)に創刊された『日葡辞書』のツジガハナの項目には、「赤やその他の色の木のは模様や紋様で彩色してある種の文様染が施された帷子。また、その模様、または絵そのもの」とあり、辻が花はある種の文様染が施された帷子、あるいはその文様を意味していたことがわかる。

 ところが、現存の遺例の中には、麻地の帷子がほとんどなく、小袖(こそで)や胴服(どうふく)、あるいはそれらの断片裂など絹地に施されたものばかりである。この室町・安土桃山時代の小袖や胴服に見られる縫い絞りを主体にした文様染を現代では”辻が花”と称している。


引用:河上繁樹「京都書院美術双書―日本の染織2」,紫紅社,1993年7月,88ページ

 

つまり時代により「辻が花」がもつ意味は少し異なるのですが、現代では、「室町・安土桃山時代の小袖(武家夫人の正装とされた着物)や、武将が身につけた胴服(羽織った腰丈の上着)に見られる縫い絞り。これらのように生地の一部を引き締め縮めて、模様を作り出す技法のこと。」を示すようです。上の写真が室町時代の小袖(こそで)、下の写真が安土桃山時代の胴服(どうふく)です。現存の作品は約300点しかないと言われ、豊臣秀吉、徳川家康などの武将、また夫人の身につけていた着物にも辻が花が施されたものが残っています。今は、「辻が花」というと女性の着る訪問着や振袖をイメージする方も多いかもしれないですが、当時は男性も身につけていたものだったんですね。
 

———————————

2.誕生 
室町から安土桃山時代

武将も身につけていたという「辻が花」「辻ヶ花」。では、これが生まれた室町から安土桃山はどんな時代だったのでしょうか。



鹿苑寺(金閣寺)

唐獅子図屏風 

室町時代(1336年~1568年)は、鎌倉から京都の室町に政権が戻され、貴族階級の特徴的な文化や芸術が生まれました。またうち前半は南北朝時代とも呼ばれ、南と北の政権の争いが続き、足利氏は民衆からの支持を集めるために、芸術活動を支援するようになります。室町幕府第3代将軍の足利義満の「金閣寺」が設立されたり、雪舟の「水墨画」や、禅の文化と強く結びつく「侘び寂び」などの美意識が発展しました。

安土桃山時代(1568年 – 1600年)は、戦国武将が争う時代から、江戸幕府による平和な時代に移り変わる真ん中に当たります。ここでは戦国大名が権力を示すことを追求し、豪華で壮大な文化が築き上げられました。「桃山美術」と日本美術で最も豪華と言われるほど、豪華絢爛、華やかできらびやかな作品が残されています。下地に金箔を使用した障壁画が作られたり、狩野永徳の「唐獅子図屏風」(からじしずびょうぶ)が描かれ、出雲阿国という女性が歌舞伎の元となる「かぶき踊り」を始めたのもこの時代です。

このような文化や芸術を背景に生み出された「辻が花」ですが、江戸時代中期(1700年-1750年ごろ)になると糊を使ってより多様な色で染められる「友禅染め」が普及し、その姿を消してしまいます。
 

———————————

3. 転生 
昭和から現代の「辻が花」

江戸中期以降に忽然と失われてしまった「幻の染物・辻が花」ですが、昭和になると着物の巨匠・久保田一竹氏によって「一竹辻が花」として再び創作されます。
 

「一竹辻が花」

久保田一竹氏は、自身の創意工夫、「度重なる重ね染め・重厚な絞り・独創的デザイン及び色調」を主とした技術を「一竹辻が花」として、本来の辻が花とは異なる新しい時代の辻が花を確立し、昭和50年代の「辻が花ブーム」の火付け役となりました。「富士山」「光響(こうきょう)」などの作品を残し、「辻が花といえば久保田一竹」と言われるほど、国内外で高く評価されています。
 

「紅」(艶やかな紅に染まる山) 
出典:一竹工房・一竹辻が花 http://itchiku-tsujigahana.co.jp/artwork/


「零」(晩冬の雪景色)  
出典:一竹工房・一竹辻が花 http://itchiku-tsujigahana.co.jp/artwork/


これまでの美しさを見てしまうと、もう芸術作品…!細やかで立体的な絞りと、繊細な使いが言葉では表しきれないほどの美しさですね!


———————————

4. 工程 
現代も手絞りで「翠山 辻が花」

 

「あまのや」の社長が「翠山 辻が花」の工房「翠山」を見学した時の写真を使いながら、辻が花の工程の代表的なものをご紹介します。
 

「翠山 辻が花」

「辻が花」を「翠山 辻が花」として蘇らせた振袖工房・翠山(すいさん)。新潟県十日町の産地内で、デザイン、手描き、絞りの工程を一貫して産地内で行う「一貫生産」、職人一人一人の手作業にこだわっています。昭和50年代から40年近くにわたり「辻が花染」を創作し続け、多彩なぼかし染めに友禅、手絞りが特徴的な作品を今も生み出しています。
 


企画設計
下書き図案を元に、本図案を描き、色やぼかしの形を決めます。5000もの色が載っている色見本帳のなかから、基本となる色、重ね染めに使う色を選んでいきます。
 

型付け
染めないところに糊をのせる伏せ糊(糊伏せ)の工程です。型紙を白生地に載せ、染めないところを糊で伏せていきます。写真の白い部分は染まり、茶色い部分は染まらないようになっています。

 


引き染め
何種類もの染料を使い分け染め上げます。生地の長さは13mにも及び、ムラなく染め上げるには経験を積んだ職人の腕が必要とされる工程です。


手描き友禅
染料を使い分け、図案にそって色付けしていきます。この工程により、繊細で美しい、幻想的な絵柄が浮かび上がります。
 

絞り
「縫い巻き上げ絞り」「平縫い絞り」「縫〆絞り」などの何種類もの絞りを使い分け、立体感のある美しい凹凸を表現します。


———————————

5. 振袖 
あまのやお取り扱いの「辻が花 振袖」



お写真はあまのやのお取り扱いの「辻が花振袖」。新潟県十日町の「翠山工房」の代表ブランド「翠山辻が花」です。落ち着いた紺をベースに、藤の花など季節の花々が咲き誇る華やかな一着です。

機械では絶対に表現できない職人ならではの温かみのある立体感。うっとりしてしまう美しさですね!今回ご紹介した辻が花の意味や室町までさかのぼる時代背景、制作工程はごく一部です。形を変えながら、さまざまな人の手がかけられ伝承されてきた「辻が花」。一度途絶えたその歴史は、再び昭和より現代へと紡がれています。



栃木県小山市のあまのや では着物のプロがお客さま一人一人にぴったりのコーディネートをお手伝いいたします。振袖は1000枚!新作の無地振袖や小物も古典的なものから個性派まで多数ご用意しています。振袖の試着希望の方は、こちらからご予約くださいませ。

●振袖を着た先輩たちの着こなしは?
 詳しくはこちらでチェック 
⇒ 地域別のお嬢様★振袖コーデ

●成人式当日のお支度の様子は?
 詳しくはこちらでチェック 
⇒ 成人式当日の裏側をお見せします!

●振袖あまのやはどんなお店?
 詳しくはこちらでチェック 
⇒ 栃木県小山市・栃木市・下野市の振袖専門店★あまのや